チャレンジ農業体験 やまなし就農ライフサポート事業
MENU
さくらんぼの画像

チャレンジ農業体験について

就農に興味があるけど農業経験がない、何から始めていいのかわからない…
そんな初心者の方でも安心して体験できるように山梨県がサポートします。
経験豊かな農家さんや農業法人のもとで体験しながら現場の雰囲気を知ることができます。初心者の方向けの農業基礎講座も随時開催!

やまなし就農ライフサポート事業
山梨県農政部 担い手・農地対策課 
委託先:(株)アシストエンジニアリング

野菜の画像
01 野菜

盆地を中心にスイートコーンやナス・トマトなどが栽培され、高冷地ではキャベツやレタスなどが栽培されています。

果物の画像
02 果物

日本一の収穫量を誇るブドウ・モモ・スモモをはじめ、サクランボや干し柿など果物が栽培されています。

山梨県は富士山や八ヶ岳などの山々に囲まれ、盆地特有の寒暖差が大きいことや年間の降水量が少なく日照時間が長いことから、美味しい果物や野菜の栽培に適しています。

桃の画像 お問い合わせはこちらへ
なすの画像

就農者の声

アイコン

トウモロコシ・キュウリ農家K 夫妻

 県外出身です。祖父母が兼業農家で、父の家庭菜園を夫婦で手伝っているうちに、農業は自分たちの力でできる仕事かなと思いました。
 山梨は盆地で日本屈指の日照時間を誇り、寒暖の差が大きく、山に囲まれて災害があまりないなど、条件がいいので農業がやりやすいと思います。新規就農者のサポートや実体験の共有などできればとも思っています。

アイコン

果樹農家T さん

 東京都八王子市のアパートのベランダで野菜を育てるうちに、もっと広いところで育てたいと思うようになりました。妻の実家が山梨の果樹農家で、遊びに行くたびにいろいろな農家さんと話す機会があり、ブドウに興味を持ちました。
就農を決めるまでに、何度も山梨に足を運んでほしいです。アウトドアが好きならキャンプ、車が好きならドライブで自然や農業にふれて、ぜひ山梨を好きになってほしいです。

アイコン

有機野菜農家T さん

 友人に誘われて北杜市を初めて訪れ、風光明媚な景色に一目ぼれしまして、そこから北杜市に住み農業で生きていきたい、と本気で考えるようになりましたね。
 非農家出身の方でしたら特にわかならいことだらけでとても不安だと思いますが、インターンシップ制度を活用したり、いろんなタイプの農家さんから話を聞くなど、ご自身のやりたい農業のイメージを膨らませてみてください。とても楽しいですよ!応援しています。

いちごの画像

農業体験の流れ

日本屈指の日照時間を誇る山梨県で1年を通して様々な野菜・果物栽培を体験できます!

  • 相談している様子の画像

    就農相談で体験希望内容をお伝えください(オンライン可)

  • 右矢印
  • 相談している様子の画像

    面談で体験先を決定します

  • 右矢印
  • 講座の様子の画像

    体験前に農業基礎講座を受講します

  • 右矢印
  • 農家のアイコン画像

    最大20日の農業体験

  • 右矢印
  • 相談している様子の画像

    事後面談で要望により就農に向けた研修や雇用就農先を紹介します

桃の画像 お問い合わせはこちらへ
とうもろこしの画像

体験可能な農作物

チャレンジ農業体験ではこのような作物の栽培が体験できます。

さくらんぼ

体験可能時期(通年)

なす

体験可能時期(4月〜10月)

いちご

体験可能時期(7月~4月)

トマト

体験可能時期(通年)

キュウリ

体験可能時期(2月~11月)

もも

体験可能時期(通年)

すもも

体験可能時期(通年)

左矢印
右矢印
ブドウの画像

体験コースの紹介

農業法人コース25人

山梨県内の農業法人で雇用就農に向けたインターンシップを体験します。農業法人に就職したい方向け。

農家コース25人

山梨県が認定するアグリマスター等のもとで、農作業を体験できます。自分で農業を始めたい方向け。

ブドウの画像

対  象

果樹・野菜など
ブドウの画像

体験期間

1週間から最大4週間(20日間)
ブドウの画像

体験時間

原則1日4〜8時間(休憩別途)
ブドウの画像

費  用

農業体験は無料ですが、現地までの交通費、保険、宿泊費などは自己負担です。
桃の画像 お問い合わせはこちらへ
さつまいもの画像

よくあるご質問

Q

【就農したいと考えていますが、何から始めるべきでしょうか?】

A

まずはどのような農業をしたいか、就農相談をしてください。
就農相談は山梨県就農支援センター及び農務事務所で行っています。就農に向けた手順や必要な準備を説明します。
農業の経験が少なければ、まずはチャレンジ農業体験を行い、自分が農業に向いているか確かめることをおすすめします。

Q

【農業に関する知識や経験がなくても、農業体験はできますか。】

A

就農相談で経験や希望をお聞きした後、面談で経験や希望に応じた体験先を紹介します。
体験の前に、作物の生育や農作業などの講習を受けてから、農業体験を行います。

さつまいもの画像

お問い合わせ先

電話の画像

ホームページに関するお問い合わせ

受話器の画像055-267-6162

受付時間/ 9:00〜18:00
(土曜・日曜・祝日除く)

封筒の画像

メールでのお問い合わせ

info-kikaku@assisteng.co.jp

封筒の画像

就農相談に関するお問い合わせ

山梨県就農支援センター(県下全域)

受話器の画像055-223-5747

中北農務事務所(甲府市・韮崎市・南アルプス市、北杜市、甲斐市、中央市、昭和町)

受話器の画像0551-23-3292

峡東農務事務所(山梨市・笛吹市・甲州市)

受話器の画像0553-20-2707

峡南農務事務所(市川三郷町・富士川町・早川町・身延町・南部町)

受話器の画像055-240-4116

富士・東部農務事務所(富士吉田市・都留市・大月市・上野原市・道志村・西桂町・忍野村・山中湖村・鳴沢村・富士河口湖町・小菅村・丹波山村)

受話器の画像0555-45-7806

受付時間/ 8:30〜17:00
(土曜・日曜・祝日除く)